つよいこ塾Zoom相談

不登校の相談、学校に行けない子どもたちのための、YouTubeを始めました

コロナ騒ぎの中で身につけたZoomの知識をつかって、不登校の子どもたちのための、個別相談を受け付けることになりました。
土曜日に一日中Zoomを開いて待っていたら、あまりフォロワーのいないTwitterで呼びかけただけなので、卒業生が遊びに来てくれただけでした。
そこで、どんなことをやっているか知ってもらうために、
毎朝5時55分から5分間、YouTubeを配信することにしました。
その日に話す内容を、下書きとしてアップしようと思います。

4月25日日曜日 初めてのYouTubeデビュー

はじめまして。
ピノすけです。つよいこ塾というZoomの相談を運営しながら、つよいこドットコムというブログを、書いています。

不登校についてのYouTubeを始めることになりました。

明日の朝6時から、5分ほど、お時間をいただいて、お話をしたいと思います。

ぼくは、高校教員として、32年の経験があります。高校にも不登校の子たち、いるんです。

ぼくは執念の人なので、生徒をみんな、学校に戻しました。
執念深さがどこからくるのかというと、小学5年の夏から、小6の連休まで、いじめを受けて、学校に行けなくなった時期があったんです。
それで、はやく解決する方法を、いろいろ試してみました。

子どもを強制的に活かせるということはしません。自分の意思で、選んでもらいます。
ただ、どちらかというと、お父さん、お母さんのご意見に、沿うような結果に導いていきます。

お父さん、お母さんは、お子さんが、どういうふうに考えているか、胸の内を、聴いてみてください。

そして、ご自分の思いは、ちゃんとお伝えになった方が、いいと思います。

不登校中学生、ゆたぽんさんについて

ゆたぽんさん、炎上している理由、どちらの立場も、わかります。

ぼくは、批判を覚悟で言いますが、彼のことは、すごいヤツだと思います。

あの子が学校に戻ったほうがいいとか、ご意見がありますが、学校の体制、揃っているでしょうか?

いろいろな面で、日本の教育って、過渡期にあると思います。

マイケル・ファラデー、エジソン、みんな小学校から働いています。

ゆたぽんのお父さまは、もと、やんちゃな方だったということですが、いま、まだやられているなら話は別ですけど。過去のことですよね。

ぼくの定時制で教えていたころ、死んじゃった子、います。

少年鑑別所に入った子もいます。

それが、なんなんでしょうか?

いま、立派に生きていらっしゃるんですよね。

ご自分の命を、ちゃんと大事にして、生きていらっしゃる。

日本の社会というのは、やり直しの効く社会なんですよ。

ゆたぽんさんや、ご家族は、日本の教育が変わる、チャンスを作ってくれたのかも、しれません。

不登校に関する、ぴのすけの3段階説

不登校の一般的な考え方ですが、3つの段階があります。

第一段階

第一段階は、不登校になるきっかけで、これは、4種類あります。

生徒同士のいじめやいやがらせ、勉強や部活面での一時的なスランプ。

人間関係が絡む時があります。

もうひとつは、先生との対立。

これは、ぼく自身も経験したんですが、先生は、対立している意識が、ないかもしれません。ケースによりますね。

イジメや嫌がらせの対策は、学校がやることになっていますが、進んでいない場合は、電話をかけたり、乗り込んだ方がいい場合があります。

第二段階

第二段階で、自分が学校に行かなくていい理由を、補ってくれるような、夢が現れます。自分なりの、解決方法を考えるんです。
どんな夢かによって、簡単に戻ってくる場合もあるし、不登校が長引く場合もあります。これは、保護者のみなさんの在り方によって、ずいぶん違います。

第三段階

第三段階は、教室に戻ることへの不安。

しばらく学校に行っていなければ、何を言われているか、不安ですよね。

クラスの子たちがささやいていることが、みんな自分のことみたいに思える。

その考え方が、自然で、正しいことでもあり、多少の誤解も含んでいることを、気づかせてあげる。

自分が学校を休んでいる時、クラスメートたちは、うわさをしているかと言うと、まずそれはない。

ほとんど全ての人は、自分のこと以外に、もともと興味なんてないんです。

久しぶりに学校に来たから、そこで、話題になる。それは、仕方がないんです。

でもたいていは、昼までには、収まります。もう、受け入れられている。

その段階まで来ている子は、そのことを伝えただけで、学校に来る気満々になります(断言)。

ぴな
ぴな
Zoom相談について

この動画は、Zoomでの相談の告知なので、やり方をお伝えします。

この先、毎朝5時55分から情報をお伝えしますので、そこでだいたいのことはわかりますが、早く解決したい方は、お試しになってみてください。

この動画の下に、「つよいこ塾」の、決済リンクがあります。そこで、1000円を負担してください。

この塾の運営のために役立たせていただくのと、一歩前にすすむ、決断料でもあります。お金を払って入塾したことにより、見ず知らずのおじさんですが、力になることができます。

メールアドレスの登録がありますので、ご希望の日程をお伺いするメールをお送りします。

そちらに、Zoomのリンクをお送りします。







ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)