つよいこ塾Zoom相談

No.006 不登校の、直接の原因が、わからなくなる原因・・・半年以上の間、こちらが原因だと思い込んでいました。

●5月3日月曜日 5時55分になりました。

前世の記憶を持つおじさん、ピノすけからの、朝のメッセージです。

前回は、目標をはっきりさせましょう、!!って、閉めちゃいましたけど、無茶ですね。

実は、お子さんたちだけでなく、お母さん、お父さんにも、目標をはっきりさせて欲しいんです。

小学校で行われる、長縄跳びの話なんですが、どんな行事でも、こういうドラマは生まれます。

引っかかっても、引っかかっても、みんなが引っ掛かることを恐れずに、挑戦ができたら、そのチームは強くなります。でも、人間て弱いから、できなかったことを、他人に求めてしまうんです。

「君が引っかかったから、縄跳びが止まっちゃったんだよ。」

こういう意見は、正しい事実を言っているけれど、止まった原因を指摘しているだけで、そのチームを強める役割は、まったくないわけです。

もしも、お子さんから、こういう原因となるような言葉が引き出せたら、もう、解決したと考えていいです。

とにかく、お子さんのことを、すべて信じて、全て受容して、すべて承認して、この事実に辿り着かないと、お子さんは納得できませんよね。

反対意見を言うんではないですよ。お子さんは、正しいことを言っているので、それを全て信じて、すべて承認する。

つまり、心からお子さんのことを、褒めてあげる。戦っているお子さんを、褒めて、励ましてあげる。前進させてあげる。

目標をはっきりさせましょう!!というのは、お父さん、お母さんのことです。

子どもって、自分で前を向いて、自分の中に、前に進む理由ができた時、必ず前に進みます。

言い訳になりますが、本当に娘や妻には申し訳ないことですが、残念ながら、僕自身は、700キロの距離があって、電話でしか話せなかったことと、そこに妻という存在があって、娘とふたりで話すことができず、妻は別の原因を主張してそこにこだわってしまったため、まったくそのことに、到達できませんでした。

ピナちゃんが学校に行きたくないと言って、起きることができなくなった朝、ピナちゃんはすでに、第二段階に入ってしまっていました。

つまり、ピナちゃん自身が、最初のきっかけの嫌な事実から逃れるための方法、夢、目標を持ってしまいました。

それは、どういうことですか?というと、ピナちゃんは、夢を見たんです。この、3月までいた、田舎の小さな学校で、子どもたちと一緒に、遊んでいる夢です。

ひとクラスが、20人もいないような、小さな学校で、やんちゃな子もいましたが、何人かの、心の許せる、親友がいました。

その親友たちと、もう一度、一緒に生活したい。

そのためには、そこに、帰らなくてはいけない。ほんの、2ヶ月ほど前までいたところなんだから、もとに、戻ればいいじゃん。

やってみて、失敗だったんだから、もとに、戻ればいいじゃん。

大人は、言いますよね。失敗したなら、もう一度、やり直せばいいって。

だから、ピナちゃんの頭の中は、もとの学校に戻ることで、いっぱいになりました。

正直なところ、ピナちゃんの言っていることは、正論です。承認するしかない。

僕と妻がわかったのは、この事実で、これが、学校に行きたくない原因だと思っていました。

僕も妻も、困り果てました。妻は、事情があって、戻ることができません。

かと言って、ピナちゃんだけを、ぼくのいる田舎に、連れてくることもできない。

それが、第二段階。

ぼくがこの第二段階の存在に気づいたのは、ピナちゃんが、田舎に戻りたいと言う希望、夢が、それ自体が原因ではなかったということに気づいた時でした。

不登校の説明会などが開かれていますが、多くの場合、この第二段階に対応したものに見受けられます。

学校を移るとか、そういうことですね。

僕がそのきっかけになった事実を知ったのは、正月も明けてからのことでした。

第二段階の問題って、重大な決断を強いられます。

これはピナちゃんの考えた解決策で、最初の問題は解決しないけれど、とにかく、吹き飛びますよね。

ぴな
ぴな
まいったか!
ぴのすけ
ぴのすけ
まいったまいった!まいりました。

前世の記憶を持つ、ぴのすけのYouTube No.006「つよいこ塾」自分が源になって考える(その5)

ぴのすけの娘、現在小6のピナちゃんの経験をもとに、「自分が源」という生き方について、お話ししています。
お子さにん、間違った点はひとつもありません。
そういう視点の下に、お子さんの、本当のストーリーに、迫ってみてください。
なかなか、本当の原因には、到達できないと思います。
だから、お子さんのことを全て認め、受容し、承認する。

お母さん、お父さんの中で、お子さんのストーリーが腑に落ちた時、もう、問題って、なくなります。

子どもたちのおかれている、不登校の各段階と、その対策をお話ししています。平日朝5時55分から動画を配信いたします。

ご相談を急がれる方は、次の決済リンクで入塾料1000円をご負担いいただければ、メールアドレスをお知らせしますので、ご希望をの日時をお知らせください。Zoomのリンクをお送りします。ご相談は、何度でもお受けします。
https://tsuyoiko.official.ec​
ご相談内容に納得していただき、問題が解決しましたら、ご寄付をいただけますと、この生活を続けていく、希望ができます。







ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)