ふっかつのじゅもん

保健室登校ができる子に伝えたい「参照枠」つよいこ塾014

●5月11日火曜日 5時55分になりました。
不登校とは、本当に心の旅だと思います。
いろんな人の意見を聞きながら、自分なりに成長しているんですね。

保健室登校をしている生徒がいます。教室には行けず、保健室まで来ることができる。


うちの娘のピナちゃんも、そんな状況でした。
保健室にたどり着けるって、すごい。
保健室にたどり着くまでは、いろんな、ドラマみたいな、考えたくもないようなすごいことも、あったんだと思いますが、とにかく、保健室にたどり着くって、大きな一歩です。

そういう状態の子も、笑ってくれます。
たぶん、本心から笑っているんだと思うんですが、もしも、作り笑いだとしたら、どうでしょうか?

鴨頭嘉人さんがおっしゃっていますけど、この世の最高の笑顔って、何だと思いますか?

鴨頭嘉人さんは、なんとおっしゃっていると思いますか?

作り笑いだと言うんです。

作り笑いって、相手のことを気遣ってつくる、笑顔ですよね。

最高の笑顔だと思います。

もしも、作り笑顔だったとしても、最高の笑顔です。

保健室登校ができるようになった子に、お話をしたいことですが、まず、保健室に来たこと、すごいねって認めること。
時々見せる、笑顔がいいねって、認めること。

笑っていなくても、優しい笑顔だねって、認めてあげること。

そうすると、笑顔になります。

笑っていなくても、目を見ていると、優しい笑顔だねって分かるので、その状態を認めてあげる。

そうすると、笑顔になります。

唐突に、話し出していいと思うんですが、人間って、自分のことしか考えない。

もしもその子が、教室に入ったとすると、みんなの注目を浴びるんですが、注目を浴びるのはせいぜい半日で、午後になると、騒がれなくなります。

なぜなら、みんな、自分のことで忙しいから。自分のことしか考えないんです。

こういうのを、参照枠といいます。考え事の参考にするための、新しい基準のようなものです。

参照枠の中に、クラスメートって、人間なので、自分のことしか考えないんだということ。

だから、クラスに入ったその瞬間を乗り越えたら、あとは、なんでもない人になるんだよということ。

いくつか、参照枠を開いていきます。

進級や、進学ができるかどうか、不安を持っているかもしれません。

保健室登校ができている時点で、だいたい、進級ってできる状態になっているんですよね。

認めているから、学校に来ていい状態になっている。

なんの問題もない。

進学についてですが。

大切なことって、目標を決めることだと思うんです。

目標を決めて、それに向かって頑張れる人は、伸びる。

実力を付ける方法なんて、いくらでもあるのだから、目標を立てることが、必要なんです。

いま、いそいで決める必要はなくて、いつでも間に合います。

心の旅をした分だけ、その目標には、重みがあります。

自由に、進路を決めたらいいんだと思います。

進路の問題って、不登校にはきついと言われますが、参照枠として、とっておくこと、大事だと思います。

保健室登校ができる子に伝えたい「参照枠」つよいこ塾014

保健室登校ができている子に捧げたい「参照枠」テキストはこちら>>https://tsuyoiko.com/
Twitterはこちら>>https://twitter.com/pinochian/
LINEはこちら>>https://lin.ee/JMXLp6D

保健室登校ができる子に、ぜひとも伝えたい、参照枠のお話です。
お子さにん、間違った点はひとつもありません。
お子さんのことを全て認め、受容し、承認する。
不安って、過ぎてしまえばもう、問題っではなくなります。


子どもたちのおかれている、不登校の各段階と、その対策をお話ししています。平日朝5時55分から動画を配信いたします。

ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)