ふっかつのじゅもん

不登校の原因がなくなっても不登校が続く理由  つよいこ塾016

●5月13日木曜日 5時55分になりました。
小学校6年生の時に不登校から立ち直って以来、まわりの空気を読むのにめっちゃくちゃ苦労してきた、不登校についてはベテランすぎる物理教師、ぴのすけです。
不登校の原因がなくなっても不登校が続く理由、結論を言いますね。
不登校の原因って、広がっちゃうことがあるからです。


具体例に移りますよ。
例えば、担任が暴力教師だったとき。
その担任とソリが合わなくて、学校に行けなくなった子がいたとします。

学校に行かなかったので、その教師が家庭訪問にやってきて、我慢できず暴言を吐いたり、最後は暴力までふるって行った。

それが問題になって、その暴力教師は3月の移動の時に、別の学校に異動になった。

暴力教師がいなくなったので、その子は学校に行けるようになったかというと、行けなかった。

不思議なところかも知れません。

何が起こったかというと、物事には理由があるんです。

その暴力教師をかばうつもりは全くありません。
完全にアウトです。なぜ、移動だけで済んだのかと、不思議に思うほどです。

ただ、その教師が暴力教師であると考えているのは、一部の生徒だけなんです。

一部の生徒というのは、その教師が苦手としていた生徒たち。

苦手な子たちにとっては、高圧的で、押し付けがましくて、嫌な先生だったと思います。

ところが、ソリがあう、というか、馬が合うというのか、大丈夫な子が、結構いるんです。

その子たちから見ると、その先生はめっちゃ熱い、やる気のある、面倒見のいい先生だったりする。

その教師と、気の合う生徒というのが、かなりいるんです。

不登校の子は、そういう匂いに敏感です。

空気読めないと思われているかも知れませんが、ちゃんと空気読んでいます。
自分のせいで、みんなから好かれている先生が異動になったとしたら、責任重大ですよね。

一つの問題って、そんなふうに、1対1の関係で答えが出るようなものではないことがあります。

暴力教師の原因は、絶対に取り除かなければならないことでしたが、広がってしまった原因、どう収拾したらいいんでしょうか?

一部では暴力教師とされ、大多数が熱血教師と思われていた先生を、飛ばしちゃった。

その責任を、どうとるか?

答えを言いますね。

そんなこと、ほとんどの子が、忘れていまーす。

そんな事実があったこと、知りませーん。

「一部で、根に持っている奴がいるかも知れませんよ」って言われるかも知れません。

そういう子たちでさえ、新しい環境に適応します。

不登校だった子が、学校にきた時に、影響を受けないためには、どうしたらいいのか?

その先生のこと、きっぱり忘れて、話題にしなきゃいいんです。

話題にすると、必ず悪意がこもります。

その先生の話を悪意を込めてすると、みんな、思い出しちゃいますよ。

その先生が、熱い、面倒見のいい先生だったこと。

そういう仕組みになっています。

乗り越えるの、難しくないです。理由がわかればいい。

不登校の原因が消えても、学校に行けない理由 つよいこ塾016

不登校の原因がなくなっても、不登校はなぜつづく? 
ご相談は、公式LINEへ>>https://lin.ee/JMXLp6D

不登校、保健室登校をしている子を教室に戻すための、心構えのお話です。

お子さにん、間違った点はひとつもありません。
お子さんのことを全て認め、受容し、承認する。
不安って、過ぎてしまえばもう、問題っではなくなります。

子どもたちのおかれている、不登校の各段階と、その対策をお話ししています。平日朝5時55分から動画を配信いたします。

ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)