つよいこ塾Zoom相談

死に直面した子どもが、心から笑えるようになるまで (1) つよいこ塾v.023

●5月20日木曜日 5時55分になりました。

死に直面した子どもが、心から笑えるようになるまでの時間は、3時間。

ただ、心が癒えるのを時間に任せていると、一生かかるかも知れません。


心から笑えるようになった子どもは、どんなふうに歩き始めるでしょうか?

心から、楽しいと思えることを、始めたいですよね。

心から楽しいと思えることを、誰かと共有したいですよね。

そこは、これまで行ったことのない、通信制の高校とか、フリースクールじゃなくても良い。

今まで通っていた学校に戻る。

そして、少しでも自分のことを気にかけてくれた友だちに会うのが、一番だと思うんです。

肝心なのは、死に直面した子どもが、どうしたら、心から笑えるようになるのかということ。

3時間と見積もったのは、その子の状況を、その子が気づくのに1時間、それを受け入れるまでに1時間、開き直るまでに1時間は、かかると思うからです。

もっと早く、笑顔になるかも知れません。

第一段階、状況に気づく

死にたいと思うほどの悩みなので、通常は、受け入れることはできません。

その子は、自分は死んだ方が良いくらい、汚れていると思っているかも知れません。

誰かを殺したいくらい、恨んでいるかも知れません。

もしもできるなら、自分の手でこの状況を変えたいと、思っている、はずですよね。

だけど、状況を変えることは、むずかしい。

自分以外の、周りの世界を変えることは、難しいんです。

できないと、考えた方がいいです。

だから、よく言われることですが、自分が変わるしかないんです。

どう変わったら良いのかというと、今の状況から、得られるものは何かを、見つけ出すんです。

具体的にいうと、例えば、知らない人にイタズラをされてしまった女の子の場合。

その事実を受け入れることは、できないです。

自分自身が、汚れてしまったという事実に、ぶちのめされている。

その子が一生そのまま、自分は汚れていることを恨んでいたら、不幸になるだけです。

その子には、幸せになる義務がある。

人間は、汚れて良いんです。

人間の身体は、汚れて良いんです。

心まで、汚れてはいないですよね。

きょうは、ここまでで、詰まってしまいました。

明日の朝の、宿題にさせてください。

死に直面した子どもが、心から笑えるようになるまでの時間 つよいこ塾v.023

不登校のお子さんが、明日、笑顔で登校し始めるのは、おかしいですか? ぜひ私に、お子さんを勇気づけさせる、チャンスをください。
つよいこ塾公式LINE>>https://lin.ee/JMXLp6D

不登校、保健室登校をしている子が、教室に戻るときの、周囲の人の心構えのお話です。


歩いていたら、とつぜん目の前の地面に、大きな穴が開いていた。
その穴を埋めないと、前に進めない、優しい子たちがいるんです。
目標を、穴を埋めることではなく、自分の夢におく。
その夢は、とても大切だということを、理解してください。

子どもたちのおかれている、不登校の各段階と、その対策をお話ししています。毎朝5時55分から動画を配信いたします。

メッセージをいただけるとうれしいです。







ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)