すみっコどらごん()

すみっコドラゴン(中編その3)人の行動をつかさどる『すみっコドラゴン()』のヒミツにせまる

ほんの一年と少し前、まだ8歳だったぴなちゃんは、ふとしたことから人生のどん底へ。ぴなちゃんがさんざん悩ませたお父さんは、カウンセラーさんもびっくり、不登校の子を次の日から休まず学校に来させてしまう変な先生。そんなお父さんの心にひびいた、ぴなちゃんのことば・・・・

ぴな
ぴな
だって、わたし、つよい子だもん。

今回は、つよい子ぴなちゃんが出合った、人生のどん底のしくみのお話です。

爬虫類脳はちゅうるいのうの話 斎藤一人さんのYouTubeから

斎藤一人さんの音声「成功したい人がやらなきゃいけないこと」より「爬虫類脳はちゅうるいのうをうまくはたらかせる智恵ちえ」をべつのページでひらきます

男の人ってのはね、きれいな女性を手に入れるためにがんばるんだよとか、女性はきれいになることにがんばるんだよっていうようなこと言ってるんですけど、これはどういうことですかっていうと、脳は三層構造さんそうこうぞうになってるんです。

いちばん下に、トカゲの脳ってのがあって、その上には例えばサルの脳があって、人間の脳があって、三層構造になってるんですけど、いちばん下にある、爬虫類脳はちゅうるいのうっていうのが、本能ほんのうをつかさどっているんです。

人間にんげんのう三層構造さんそうこうぞう・・・な、なにかがかくれているよ!
ぴな
ぴな
「大脳辺縁系」っていうのは、人間の大脳では「すみっコ」だけど、トカゲでは大脳ぜんたいですね。なにか、かくれていますよ。

美味しいものが食べたいとか、いい女を手に入れたいとか、女性だったらきれいになりたいとかっていう、本能があるんです。
この本能の部分を動かさないと、実は脳は動かないんです。

本能が強いと、たとえば昔から「英雄えいゆうは色を好み、豪傑ごうけつは酒を好む」っていうけど、これは本能なんです。
女性が事業家じぎょうかになると、本能が強いので、キレイなものや良いものだとか、無尽蔵むじんぞうに欲しがるんです。

これをてきに回して「そんなことはバカバカしいからよしなさい」っているよりも、「そういうものなんだから、がんばればご褒美ほうびをあげるよ」といったほうが、実は脳は動きやすいんです。

なまけものの爬虫類脳はちゅうるいのうが、からだをうごかしている
いちばん下の部分が、いちばん怠けようとするんです。
ようするに本能以外では動こうとしないんです。
だから「はたらいたら、ご褒美ほうびを上げるよ」って言わないと、脳が円滑えんかつに動かないようなしくみになっているんです。

動きやすい状態で動かしてやらなければ、脳は動かないよって言いたいんです。

だから、男の人だったら、外車乗って、きれいな女性女の人乗せて、がんばればこうなるぞって、脳に言い聞かせて、人間脳にんげんのうを動かしていかないと、爬虫類脳はちゅうるいのうなまけようとするんですよ。

爬虫類脳とも、共にやっていかなきゃいけない。

脳の中で「不協和ふきょうわ」を起こさないようなもって行き方をするのが、いちばん脳が動かしやすいよっていうことなんですよね。

いじょうです。

すみっコドラゴン()の、せつなすぎる本能

☆ドラゴンの後ろの()については、次回せつめいします。
この先は、突っ込みどころだらけなので、無理に信じないでくださいね。
世間で言われていることの方が正しいです。

弱いものを助ける気持ちとは、文学ぶんがくです。

恐竜の本能は、弱肉強食じゃくにくきょうしょく
つまり、弱いものがいたら、食べられちゃう。

弱いものを助けたい気持ちがあるとしたら、それは文学。
つまり、詩や歌や童話から来ています。
文学を身につけて、この世に生まれてきた人は、いないですよね。
どんな人の心の中も、子どものころに親しんだ詩や歌や童話で満ちています。
トリも、歌をうたいます。
母さんから聞いた、歌をうたいます。

しかし、恐竜の時代には、歌なんてきっと、なかったのです。

ぴのすけは、こてこての性悪説論者せいあくせつろんじゃです。母性本能ぼせいほんのうすら、生後せいご体験たいけんによって獲得かくとくする性質せいしつだとしんじたくなる事件じけんが、よのなかにあふれています。

不思議ふしぎに思われるかもしれませんが、この論法ろんぽうで、不登校ふとうこうだった子がみんな、もとの学校にもどってきます。
信じなくて良いですよ。性善説でも納得はしてくれるかもしれませんので。試したことがないだけです(笑)。

しかしときどき人は、心の中の文学を、失います。

すみっコドラゴン()は、そういう時に、大活躍だいかつやくします。
すみっコドラゴン()にとりつかれた人間は、弱そうな人に、目をつけます。

おいしそうなら・・・食べる
おいしくなさそうなら・・・放置ほうち
 

それが本能と分かったら、いじめをふせぐ方法って、見えてきますよね。
みなさんが、こんなドラゴンがいいなと思って行動すると、みんなの中のすみっこドラゴンが動き出します。

悪玉に立ち向かう善玉すみっコドラゴン()

おいしくなさそうな、すみっコドラゴン()

びしっトドラゴン() できるだけ姿勢をびしっと決める
晴れっコドラゴン() 明るく晴れ晴れとふるまう
そっちょクドラゴン() みんなとよく話す
群れっコドラゴン() なかまをできるだけふやす。
ほめっコドラゴン() みんなをよくほめる。
おいしくない「すみっコドラゴン()」

おいしく食べられてしまう、すみっコドラゴン()

ぐたっトドラゴン() ぐたっとしているとつかまえやすい
雨っコドラゴン() めそめそしている子はおいしい
むっつりコドラゴン() なかまをつくりにくい
ぼっちっチドラゴン() ひとりぼっちはえじきにしやすい
うらみっコドラゴン() 人をうらんでると、自分もうらまれる
おいしさまんてんの「すみっコドラゴン()」

弱いイメージがあると、目をつけられる

もしも明日、いじめにあいそうな人は、こうしてください。
1.まず、めそめそするのをやめる。
2.『鬼滅の刃』などの元気のでる本を読んで、心の中を文学でいっぱいにする。
(『鬼滅の刃』はりっぱな文学です)
3.からだをきたえる。
4.「勇気」「勇気」「勇気」と何度も唱える。

逃げよう・助けを呼ぼう

今まだ勇気が持てず、時間が欲しい人は、この黒板の中身をメモに書いて、信頼できる先生に渡してください。保健室の先生でも良いですよ。
だれかに相談をするのは勇気です。
自分で解決できない問題を、人に相談できないほうが、意気地いくじがない。
名将の信長や秀吉も、たくさんの人に頭を下げて、助けてもらったんですよ。

相談そうだんしたいです

ぼくは_____________くんから、いやがらせをけています。
ぼくは、自信じしんをなくしてしまいました。
ちなおるのに、すこし時間じかんがいります。
そのとは、はなれている必要ひつようがあります。
方法ほうほうがあれば、おしえてください。
ぼくがちなおっても、その子とけんかをしたいとおもいません。
ぼくは、こころつよい子です。
 ___ねん___くみ なまえ______________________ 

  

クラスメートからの「いじめ」や、大人からの虐待は、子どもだけの力では解決できません。かならず、学校の先生や警察に相談してください。

ぴな
ぴな
わたしは「つよい子」だって信じてたから、いじめは受けなかったよ。
ピノすけ
ピノすけ
「いじめ」と分かっていたら、解決するまでは学校に行かせなかったよ。

ぴのすけやぴなちゃんが、ご質問にお答えします。このフォームで連絡をしてください。

ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)