じさつほどダサい死に方はない

リヤカーいっぱいに未来(みらい)をのせて

よくはれた日のバスどおりを、父さんはリヤカーを引きながら、とおくからあるいてきます。

なん日かまえ、ぼくは父さんから、「根性焼き(こんじょうやき)」をくわされるところでした。
・・・くわしくは「自殺ほどダサい死にかたはない(青いはぎれ編)」をみてください。

リヤカーのにもつは、父さんが、しりあいの鉄工所(てっこうじょ)からもらってきた、文学全集(ぶんがくぜんしゅう)でした。

ぼくは、そのぶあつい本を、たからもののように、どこにでももって行って、よみつづけました。
バス遠足(えんそく)のとき、おやつをよういするきりょくもなく、リュックの中には、そのぶあつい本を2さつ、入れていきました。
うしろのほうのざせきに一人ですわり、リュックから出した本を読んでいると、たんにんの先生にみつかり、大声(おおごえ)でからかわれました。

たんにん
たんにん
「おい、みんな、ここに辞書(じしょ)を読んでいるヤツがいるぞ!」

ぼくは地獄(じごく)の中にいたので、しかたがありません。

しかし、そんな悪夢(あくむ)のような8ヶ月の間に、ぼくが学校に行かなかったのは、たったの14日でした。

その文学全集(ぶんがくぜんしゅう)のなかのお話を思いうかべるとき、ぼくはどんなにつらいことがあっても、ぜんぜん平気(へいき)だったのです。

その全集(ぜんしゅう)からぼくは、いろんなことを学びました。

たいせつなこと

☆天使(てんし)が地上(ちじょう)にあらわれるとき、その姿(すがた)は、健康(けんこう)な、美(うつくしい)しい姿(すがた)ではないこと。

☆小さなチャンスを粗末(そまつ)にすると、大きなチャンスを失う(うしなう)こと。

ぼくが、だいすきすぎて中毒(ちゅうどく)になった「くるみ割り人形」も、その中にありました。
その本を読んでいると、ゆめの中の世界のことなのか、本当の世界のことなのか、わからなくなります。

だから学校に行っても、お話の中の『つらいぶぶん』なのだと思えば、ガマンできたのかもしれません。

ピノすけ
ピノすけ
あぶなかった。

もしもこんなときに、人を殺す(ころす)ゲームにむちゅうになっていたら、ぼくはまちがいなく、殺人者(さつじんしゃ)になっていた、かもしれません。
ぼくはとても運(うん)のいいことに、『殺人(さつじん)ゲーム』ではなく『くるみ割りとねずみの王様』という本にであったのです。

その本はぼくに、こんな決意(けつい)をさせました。

ピノすけ
ピノすけ
「ぼくはいつか、ドロッセルマイヤーおじさんになる」

ドロッセルマイヤーおじさんは、何でも作れて、何でも直せて、だけど、わけがわからない人。

『くるみ割りとねずみの王様』は、大人にも難しい(むずかしい)本の一つです。
ドロッセルマイヤー青年(せいねん)の、三つ編(みつあみ)とあごの、どこがどんなふうにつながっているかなんて、英語版(えいごばん)をよんでも、ホフマンが直接(ちょくせつ)かいたドイツ語版(どいつごばん)をよんでも、ちんぷんかんぷんです。

ぼくはそのドロッセルマイヤー青年の三つ編みのひみつに気がつきました。
そのひみつとは、

ピノすけ
ピノすけ
「ゆめのなかみが、ほんとうの世界にはみ出しちゃったもの」

なのです。

いじめは半年以上つづきましたが、時間はちゃんと解決(かいけつ)してくれました。

中学(ちゅうがく)になって、ぼくはノートに「くるみわり人形」の作図(さくず)をします。
あたまのうしろのお下げ髪(おさげがみ)をひくと、口がとじるしくみをおもいついたのです。

8つはなれた妹に笑われました。

いもうと
いもうと
「かおが、お兄ちゃんにそっくり」

図はかけたけれど、作りかたがわからず、だいじにしまっておきました。

年月がたち、ぼくは、すべてをわすれていました。

ある日、ぼくの4さいのむすめがいいました。

ぴな
ぴな
「パパ、くるみわりにんぎょう、つくってくれる?」

むすめは、ぼくが、なんでもつくれるとしんじているんです!!

ノートをさがしましたが、あれからちょうど20回、ぼくは引越(ひっこし)をしています。

思い出しながらあたらしく図をかこうとおもいましたが、あれあれ、ぜんぜんにていません。ぼくのかおにそっくりだと、いもうとにからかわれたときのことは、はっきりとおぼえているんだけど・・・・。

そこでおもいきって、4さいの子でもくるみがわれる、もっと力のいらないものに作りなおしました。
ほんとうは、もっと力のいらないものもつくれます。
でも、そうしない理由(りゆう)があります。

くるみは硬い、そのことをいつか、ぼくたちはわすれてしまうからです。

その年のクリスマスのプレゼントは、てづくりの、「くるみわりにんぎょう」でした。

ぼくは、たった一人のむすめにとって、
もう、ドロッセルマイヤーおじさんに、なっていました。

40年まえに、ぼくが、大失敗(だいしっぱい)をしていたために、
このお話をよんだ、100万人の子どもたちを、たすけられます。

いま、大失敗(だいしっぱい)をしたあなたのために、
あなたのお話をよんだ、100万人の子どもたちは、たすけられます。

40年前、ぼくが死んでしまっていたら、
このお話を、あなたが読むチャンスは、ありませんでした。

いま、あなたが生きようとすることが、
なんねんかあとの、たくさんの子どもたちの、勇気(ゆうき)になります。

ピノすけ
ピノすけ
あなたの大失敗は、みらいへのたからものなのです。
ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)