すみっコどらごん()

すみっコドラゴン(中編その2)この世界はドラゴンたちであふれかえっている

ほんの一年と少し前、まだ8歳だったぴなちゃんは、人生のどん底から自分の力ではい上がりました。ぴなちゃんのお父さんは、不登校で卒業をあきらめちゃった子たちを励まし、大学にまで行かせてしまう、もと不登校だった変り者教師。そんなお父さんを悩ませたぴなちゃんがはなった光のことば・・・・

ぴな
ぴな
だって、わたし、つよい子だもん。

今回は、つよい子ぴなちゃんが、人生のどん底からはい上がるお話です。

前回のあらすじ

転校して、まったく未経験だった長なわとびに、少し慣れてきたころのこと。前にいた女の子がロープにひっかかり「あっ」と声をだすのを、ぴなは聞きました。

ところがまわりのみんなはいっせいに、ぴなの方をみます。

前にいた女の子もこっちをみたので、助けてくれると思いました。
しかし女の子は、思いがけないことを口にします。

みんなが信じたのは、その女の子の方でした。
それまでヘタクソだったぴなの言葉を、みんなは信じてはくれません。
みんなからの信用を失ったのだと、絶望ぜつぼうのどん底に落ちてしまいます。

ぴな
ぴな
わたしって、大切じゃないんだ。

たのしい」と「らく」どっちがいい?

「楽しいこと」と「楽なこと」とでは、起きる結果が違います。

「楽しいこと」をえらぶとき

もしも女の子が「ゴメンネ!」って言っていたら?
(そもそも、このブログが生まれなかったけど)
ぴなちゃんが、傷つかなかっただけじゃない。
それは、失敗しちゃった自分を、ゆるすこと。
自分をゆるすのは、成長せいちょう階段かいだんを、のぼること。
自分が成長するって、楽しいこと。

「楽なこと」をえらぶとき

女の子の中の恐竜は、ささやくのです。
「ぴなちゃんに、なすりつけようよ」
不安からは、逃げるが勝ち。それがいちばん楽なこと。
失敗した自分をゆるさないって、カッコいい。
カッコいいけど、成長しない。
成長しないことは、不安といっしょに生きること。

なすりっコドラゴン

女の子は「楽なこと」をえらんでしまいました。
なすりっコドラゴンは、他人につみをなすりつけるのがとっても上手。
みんなは、その子のほうに、れちゃいました。

ほんとうは、ひとりぼっちじゃないんだよ

れっコドラゴン

ドラゴンたちは、いっしゅんで群れをつくり、ぴなちゃんの前に線を引きます。

人の脳の中にいる「群れっこドラゴン」は悪いドラゴンじゃありません。
ただ、恐竜時代の本能なので、頭は悪いのです。

ぴな
ぴな
いまのは、わたしじゃないよ

ぴなちゃんのことばを信じないとか、そんなことは関係ないの。
ぴなちゃんがあやまってる姿を、みんなは見なれていたから。
どんなに叫んでも、見なれたイメージは、強いのです。

だから、だれも分かってくれなかった。

ウソをつくと、人は、気分が落ち込みます。
恐竜は、そんなことでは落ち込まない。
女の子はきっと、自分のウソで、落ち込んでいます。
考えたって、仕方がないよ。
 

ぴなは、わけがわからずに、目の前がクラクラしてきました。
ぴなの中の恐竜は「ぜったいゆるさねぇ」って決めます。
どうでもいいことをぜんぶ集めて、私の周りに積み重ねていったの。
「あきらめるな、オレがついてる」

みっコドラゴン

ぴなちゃんは、朝、起きられなくなります。
ぴなを守っている本能のしわざです。

積みっこドラゴンは「ついてない」「不平」「不満」「グチ」「泣き言」「悪口」「文句」「心配ごと」「許せない」という、積み木を積み重ねて行きます。

積みっコドラゴン

そしてとうとう、積みっコドラゴンは、ぴなちゃんを動けなくしてしまいました。

ABOUT ME
pinosuke
ぴのすけ@実際にあったことを、書いているので、匿名を貫かせてください。 不登校やアレルギー、学校にはさまざまな子がいて、さまざまな問題が吹き出します。 私は、どんな問題が吹き出して、どんなクレームが飛び出しても、生徒も保護者も、爆笑させて、みんな解決しちゃう自信があります。 みなさんからの、クレームをお待ちしています(^o^)